【既定のサイズがお勧め】オリジナルの紙袋を注文しよう

女性

ブランド化できます

オーダー紙袋を利用する目的は紙袋それ自体をブランド化することです。多くの人に商品とともに消費者に渡すことで宣伝効果を期待することができます。節約をしたい場合はセミオーダーがおすすめです。著作権で保護されていることもあるので、他社とは似たデザインにならないように注意しましょう。

詳しく見る

看板

お店の存在を知らせるため

周囲に向けて効果的に宣伝するために、看板が必要なら専門の業者に依頼して作ってもらいましょう。デザイン込みで制作をしてくれるところや、取り付け作業がないため安い業者など、色々あるので状況にあわせて看板を発注しましょう。

詳しく見る

紙袋

宣伝効果を高めるポイント

企業の経済活動のために大事な役割を果たすのが看板広告です。効果的な広報活動をするには設置場所が重要になります。既存の場所はすでに他の企業に占有されていることがほとんどなので、新たな道路や施設などを常にリサーチします。また派手すぎる色づかいやデザインは景観を乱すので、不快感を与えないことも大切です。

詳しく見る

紙袋

用途に合わせ細かく選べる

宣伝用のオリジナル紙袋を扱う業者は多数存在するので、企業宣伝や店舗宣伝のために活用すると良いでしょう。縦長、横長形状ともに幅広いサイズを設けている業者もあるので、サイズ感にこだわって注文することができます。

詳しく見る

街

計画をしておくこと

紙袋は非常に重要な販促物だと言えます。なので、オーダーをする際はとにかく計画的にいろいろなことを決めていく必要があります。紙袋の素材などについてもしっかりと議論をし、サンプルを見ながら進めるのがいいです。

詳しく見る

看板

オフライン広告について

オフライン広告はオンライン広告に比べ性別や年齢のターゲットを絞りやすく、反復効果などによって見る人に効果的に印象付けることが出来る。また看板など多種多様な宣伝方法があるので企業やお店にあった宣伝方法を選ぶことも可能です。

詳しく見る

紙袋

広告手法の種類

広告媒体はWEBが主流になってきていますが、オフライン広告も変わらず高い効果があります。むしろ紙媒体や看板でないと集客しづらい商品やお店もあります。費用対効果の高いマーケティング展開には、多くの手法を知っておくとよいでしょう。

詳しく見る

大きさの設定方法

紙袋

低コストで短納期に対応

オリジナル紙袋を制作するとき、第一に考えたいのはサイズの設定です。商品にぴったりのサイズなら問題ありませんが、紙袋が小さすぎて入らなかったり、大きすぎて収まりが悪かったりしては不都合です。いろいろな大きさの商品を販売しているとき、すべてに対応するのは難しいので、複数の紙袋を制作するという方法もあります。しかしコストがかかるので、できるだけ無駄なく使える汎用的なサイズの紙袋をオーダーしたいところです。封筒や事務用品には全国共通の規格がありますが、オーダー紙袋にはそのような規格はありません。そのため業者によって、取り扱っているサイズはまちまちです。もちろんフルオーダーであれば、細かく数字を指定して紙袋を制作することができます。ただし機械の設定に手間がかかるため、それだけコストは高くなります。特にロットが小さいときは、フルオーダーにするのは効率的とは言えません。これに対して業者があらかじめ設定しているサイズなら、工数が少ないのでコストは安く、納期も短くすることができます。紙袋の製作業者もでたらめにサイズを設定しているわけではなく、一升瓶サイズとかA4サイズとか、一般的に使い勝手の良い大きさを取り揃えています。自社の商品とどうしても合わないときだけフルオーダーにして、通常は既成のサイズから選ぶのが簡単でコストのかからない方法と言えます。まずは業者のサイトを見て、どんなサイズがあるか確かめてください。