【既定のサイズがお勧め】オリジナルの紙袋を注文しよう

オフライン広告について

看板

オフライン広告のメリット

広告にはWeb上に掲載するオンライン広告と、Web上ではなく実社会に掲載される看板などのオフライン広告があります。オフライン広告の種類としてはテレビCMやラジオCM、新聞広告や新聞に折り込まれるチラシ、雑誌の間に掲載される雑誌広告、サンプル品を同梱するサンプル広告、駅や電車バスの車内に掲載される駅張り広告や車内広告、道路わきに掲載される看板などの交通広告、電信柱に掲載する広告など多種多様にあります。雑誌広告はその雑誌を読む年代や性別にターゲットを絞って宣伝できますし、テレビ広告は子供向け番組の間に玩具の宣伝を入れるなどこちらもある程度ターゲットを絞って宣伝できます。また電車や道路わきの広告についてターゲットを絞ることは難しいですが、1日に電車を利用する人数や、その道路を通る車の台数は比較的容易に調べることが出来ます。つまり一定数の人が利用する場所に広告を掲載すれば、必ず一定数の人は広告を見てくれると期待できる訳です。オンライン広告に比べて成果を把握しづらいというデメリットはありますが、看板を大きくして広告面を増やす、目につく色やデザインにする、数を増やすなどによって広告効果を上げることが出来ます。ドライバーが運転中に看板を見るのは3秒と言われています。同じ広告をいくつも掲載することによって効果的に広告の内容を理解させることができ、電車やバスなどで毎日同じ広告を目にすることによって反復効果を期待することもできるのです。